“COMPANY”

あしびっとワークスについて

代表あいさつ

2008年4月、あしびっとワークスはわたし1人のフリーランスとしてスタートし2012年に法人化していまに至りますが、フリーランスの創業時からずっと、ものづくりにこだわってきました。

わたしたちがつくるのはコンピュータのソフトウェアです。
当然パソコンに向かってやる作業が中心です。
しかし、パソコン相手の仕事ではありません。
実際にそれが使う姿を想像しながらものをつくる必要があります。

何が使いづらくて何が使いやすいか、どうやったらもっと便利か。
制作者側の視点から考えてもなかなか答えは出ません。

使う人目線で必死に考えて、持てる力を最大限に生かして最善の方法で制作をする、そうしてつくられたものには魂が宿ると考えています。
人を意識し、人を中心としたものづくりが私たちのポリシーです。

わたしたちはものをつくるとき、相手のことを好きになりたいと思っています。
好きな人や好きなことのためなら、人は思わぬ力を発揮できるものです。
ものづくりが好きで、仲間が好きで、お客さんを好きになれたら最強です。
そうやっていい仕事ができると、もっとつくるのが好きになって、もっと仕事が楽しくなります。
だからわたしたちはこの仕事が大好きです。
出番は減りましたが、わたし自身もいまなおエンジニアです。
制作者がどんな苦労をし、どんな想いでものをつくるかをよく知っています。
だからこそ制作に携わる人がきちんと評価され、努力が報われる会社にしたいと考えています。

わたしたちはものづくりのチームです。
スタッフのみんなががいいものをつくることに注力できるような会社にしたいと思っています。

いまはまだ10名未満の小さな会社ですが、これからももっといいものをもっとたくさんつくりたいと思っています。
そのためには新たな力が必要です。
わたしたちと同じ志を持ち、いいものをつくる力を持っている方を、心から必要としています。
わたしたちといっしょに、多くの人に認められ、喜ばれる「いいもの」をつくりましょう。

株式会社あしびっとワークス 代表 藁科邦利

経営理念

“いいものをつくる”

わたしたちの経営理念は、これを経営理念と言っていいものかと思えるほどシンプルです。
しかし、この言葉にはわたしたちの覚悟と信念が込められています。

いいものは喜ばれます。
いいものは人を幸せにします。
いいものは大事にされます。
いいものは長く愛されます。
いいものは人を育てます。
いいものは社会を良くする力があります。

わたしたちは、そんな「いいもの」をつくりたい。
しかし気持ちだけではいいものは作れません。
受け取る相手によって、状況によって、時代によって「いいもの」は変わります。
何かをつくろうとするたびに「いいもの」の定義をし直さないといけません。
相手が何を望んでいるのか、何がゴールなのかを必死に考える必要があります。
そしてもちろんそれを実現するための広い知識や高い技術も必要となってきます。
新たな技術や知識の勉強が必要になることもたくさんあります。

いっぱい考えて、調べて、手をかけて、時間をかけて、妥協をせずにものをつくるのは、大変なこともたくさんあります。
しかし、わたしたちはやっぱりものづくりが好きなんです。
そして、できあがったものを相手が喜んでくれることが、なによりうれしいんです。
その瞬間があるから、またつくろう、もっといいものをつくろうという気持ちが湧いてくるのです。

わたしたちは、いいものをつくることで、お客さんも、社会も幸せにし、自分たちも幸せになる、
そんな会社にしたいと考えています。

事業内容

鉄道教材ソフトウェア開発

CONFIDENTIAL
鉄道の運転士向けの教材ソフトウェアの受託開発しています。
実際に運行されている鉄道の路線と車両を最新のゲームエンジンを使った3DCG技術で再現しており、実物と同じように運転をすることができます。
また事故や故障などの状態を意図的に発生させることができるので、そのような時にどう対処するかを学ぶことができます。
鉄道会社ごとに走行している車両や路線、トラブル時の対処方法などが違うため、それぞれのご要望や条件合わせて細部まで作り込みを行っています。
3DCGを用いたものだけでなく、鉄道会社が教習に使うためのさまざまなソフトウェアの開発も行っています。

スマートフォン向けアプリ開発

主にゲームやAR/VRなどのアプリをスマートフォン・タブレット向けに開発しています。
鉄道教材制作のノウハウを生かして高度な3DCG表現を用いたアプリを得意としていますが、一般的なアプリの開発も行っています。
今後はReact NativeやFlutterなどでの開発も行っていく予定です。

WEBサイト/システム開発

WordPressを用いたWEBサイトやWEBシステムを制作しています。
必要に応じて独自プラグインや独自テーマを作成してクライアント様のご要望に合わせて制作をしています。
スマートフォンアプリと連携させるためのWEBシステムの製作、WEB APIの作成などもおこないます。

文化施設向け展示装置制作

科学館や博物館などの公共施設などに展示するデジタル映像展示装置の制作も行っています。
特殊なセンサーを用いて人の動きに反応するようなメディアアート的なものや、タッチパネル端末を用いた情報検索端末、デジタルサイネージなど、ご要望に合わせたご提案・制作をさせていただきます。

その他

クライアント様からのご依頼があれば、可能な限りできることを検討してご提案しています。
場合によっては新たな技術を導入することもあります。
また、今後は自社製品や自社サービスを立ち上げ、いずれは事業の柱にしていきたいと考えています。

社名に込めた想い

あそび × IT × 仕事 = あしびっとワークス

あそび × IT × 仕事 =
あしびっとワークス

沖縄の方言で遊びを意味する「あしび(遊び)」
デジタルの最小単位は「ビット(Bit)」
仕事や作品を意味する「ワークス(Works)」

「あしびっとワークス」の社名には

IT技術を駆使したアソビゴコロあふれるものづくりを
全力で楽しむぞ(沖縄で)

という想いが込められています。